恋愛で成功する情報や健康情報やお金の話、旅行、スポーツ、トレンドな話題など男性の気になる話題の情報を発信します

男気ロード

車買取

バンパー交換は修復歴になる?修復歴の基準を徹底解説!

投稿日:

安全運転に努めてはいるものの、予測できない追突事故や接触事故などでバンパー交換を行った場合は、果たして修復歴ありの車両となってしまうのでしょうか。

そのような疑問に応えるべく、

・事故でバンパーを交換した場合は修復歴ありと判定を受けるかどうか

・修復歴ありになる基準を調査した結果をもとに徹底解説!

・できるだけ車を高く売りたいと考えている方へその方法を紹介

以上の3点について調査した結果をまとめましたのでぜひご覧ください。

事故っでバンパーを交換した場合は修復歴になるの?

予測できない追突事故や接触事故などでバンパーを損傷したために交換すると修復歴ありとなるのでしょうか。

その答えは、修復歴ありとはなりません。

ただし、交換した記録は残す必要があります。

車両の査定を受けるときに、バンパーの交換歴があることを伝えることで事故歴ありまたは修復歴ありの査定とならないことが多いからです。

中古車販売店などで、買取査定額を算出してもらうときはマイナスポイントになりますが、修復箇所があることを点検記録簿に残したり、口頭でしっかり伝えることが適正な価格を算出するためのもとになります。

反対に事故歴ありや修復歴ありの車両とならない理由を考えてみましょう。

バンパーの役割を考えてみると答えが見つかります。

バンパーは、追突事故や接触事故による衝撃を和らげるために車両本体から分離することがあります。

バンパーが外れても運転はできますが、ナンバープレートが外れていることもあるため、公道を走ることは難しいですね。

損傷したバンパーは、同じ型の中古車両から取り外して取り付けることもできますし、新品と交換することもできます。

新品の場合は、比較的新車に近い状態でしたら、新品で交換した箇所はあまり目立たないこともありますが、ある程度の年数が経過している車両でしたら、新品で交換した箇所はとても目立ちます。

そこから年数をかければ、新品交換であったことは履歴でしか分からなくなりますよね。

なので、バンパー交換歴は交換したときの見積書や請求書、領収層などを保管しておき、査定時にそれらの書類を提示することで修復歴ありとの判定を受けることがなくなります。

修復歴ありになる基準を徹底解説!

修復歴ありとなる基準についてまとめてみました。

修復歴ありの車両と判断されるのは、車両を支える支柱(フレーム)の損傷による交換が行われている車両のことをいいます。

フレームというのは車体を支える重要な部分でもあり、フレームが曲がっていることでドアの開閉に支障が出たり、タイヤはしっかり装着されているもののパワーステアリング機能が働かず、ハンドルに重みがあるため、運転に支障が出るといった症状が発生します。

このような状態では公道を走行中に、部品の脱落やタイヤの脱落、少しの視認道でフロントガラスにひびが入ることもあります。

このような状態では運転することに支障があるとわかりますので車両にとって重要な部分の損傷は、修復歴ありと表示させています。

では修復歴ありとならないいくつかのパターンについてまとめてみました。

修復歴ありとならないパターン その1

・自宅の駐車場でハンドルミスによりぶつけてしまった

・壁やガードレール側に近づきすぎてバンパーを擦ってしまった

・駐車場へ物を運んだ時に誤ってバンパーに傷をつけていしまった

などという場合は、修復歴ありの車に該当せず、通常の車両と同じであると判断されます。

修復歴ありとならないパターン その2

・追突事故が原因でバンパー交換をおこなった

その1でも採りあげておりましたが、擦っただけでは修復歴ありとはなりませんので
追突事故でも車両がつぶれるほどの大きな追突事故ではない追突事故によってバンパーを交換した場合は、修復歴ありの車両とはなりません。

車両にとって損傷個所が重要な部分にあたるかどうかという判断によりますので、バンパーはもとから修復歴ありの対象外になります。

信号待ちしているところに前後左右のどちらかから追突されると結構な衝撃をうけますのでフレームの損傷を起こすこともあります。

車を高く売る方法を紹介します

車を高く売るための方法についてまとめてみました。

バンパー交換歴のある車両を高く売りたいとなったら、どのようにすればよいでしょうか。

中古車販売店の場合は、プロの査定士が常駐しています。

査定士は、事故歴ありまたは修復歴ありの対象者であるかどうかを調査します。

その時に申告の義務はありませんが、査定額に影響が出るものの、あとから申し出てしまうと買取査定を取消される恐れがあるからです。

中古車販売店での査定は、1社だけではなく、複数社に依頼することです。

いくつか集まった査定額の情報の中で最も高い査定額を算出した中古車販売店に買取を依頼することで高く売ることができます。

この方法は自ら出向いて査定を受けることになりますので、1日に訪問できる件数は限られてしまいます。

現代は便利なもので、インターネットによる中古車買取業者の一括査定を受けるために、必要な情報を入力してデータを送るだけで、複数社から買取査定額の連絡を受けることができます。

 

かんたん車査定ガイド

最大10社に一括査定!
入力が簡単でスグに買取価格の相場が表示されます。
数ある一括査定サイトの中でも最もオススメです。

ユーカーパック

一括査定ではなく、今まで無かった、一括査定よりも高く売れるまったく新しい車買取サービスです!
営業電話が嫌いな人はオススメ!

 

 

いざ査定業者に見てもらうときは車両の状態を良く見せるためにも車を査定してもらうときは洗車し車内の清掃をおこなってから査定するとよいでしょう。

車内の清掃は査定額を挙げるためのポイントにもなります。

こちらも1社だけの回答で判断せず、少なくとも5社以上の回答を得て、判断することをおすすめします。

バンパー交換費用は修復歴になる?まとめ

いかがでしたでしょうか。

さらっとおさらいをしてみましょう。

バンパーの交換については、事故歴ありや修復歴ありの車両の対象とはなりません。

ただし、車体が潰れるなど車体にとって重要な部分も併せて損傷を受けた場合は除きます。

修復歴ありや事故歴ありの判定は、重要な部分の損傷により部品の交換をしているかどうかで判定を受けることになります。

車両を高く売るためには、車内の清掃をはじめ、バンパーの交換歴がある場合は申し出ることで適正な価格の判断基準となります。

買取の基準の一つとしては、車両を引き取って修理し、再販売するかそれとも廃車するかという判断も査定士が行いますので、廃車と判断すれば、査定額もゼロ円または1万円とか2万円という判断になり、再販すると判断すれば、市場価格に近い価格で買取されます。

場合によっては廃車専門店に依頼して買い取ってもらったほうが高いこともまれにありますよ。

ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!

おすすめ記事

1

35歳と言うと、そろそろ「おじさん」と呼ばれる年齢層になってくる30代中盤ですね。 男性としての身だしなみやマナーをきちんとしているかどうかで、彼女が出来る・出来ないの差がついてきます。 今回は、実際 ...

-車買取

Copyright© 男気ロード , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.