恋愛で成功する情報や健康情報やお金の話、旅行、スポーツ、トレンドな話題など男性の気になる話題の情報を発信します

男気ロード

海外ドラマ

フレンズ シーズン6 あらすじ・感想!無料動画ならこれ!

投稿日:

フレンズ シーズン6が見られる動画サイトはHuluかNetflixがオススメです。

Huluは月額933円え今なら2週間無料視聴できます。

Hulu

⇒Huluの詳細

Netflixの料金プランは「ベーシックプラン800円」、「スタンダードプラン1,200円」、「プレミアムプラン1,800円」の3つがあります。

フレンズ シーズン6 あらすじ

ニューヨークに住む男女6人の日常をおもしろおかしく描いたコメディーです。1つのお話は30分で毎回完結する(話が繋がらない、毎回独立したお話)ドラマです。毎回完結するお話とは言っても6人の関係は少しずつ変化し、全員がさまざまな面で成長していきます。それぞれのいろんな恋愛やキャリアをそこまでする?というくらい他のメンバーが干渉していきます(笑)6人全員が互いのことを大切に思い、時に恋愛に発達したり、仲が良すぎるからこそうまくいかない時があったり。日常にあふれているたわいもないような出来事を本当に面白く見せてくれるのがこのドラマです。あらすじはシーズン6に限って言えば、チャンドラーとモニカが付き合って1年の記念日をラスベガスで過ごしていて結局6人全員がラスベガスにいるのですが、そこで事件が起きて、、というシーズン5の続きから始まります。元カップルだったレイチェルとロスが酔っ払って自分たちの意識がないまま結婚をしていた。とびっくりな始まり方です。そこから婚姻無効にしてとレイチェルはロスに念押ししますが一方のロスはこれでなかったことにするとバツ3になってしまうと恐れ行動に出ます。一方のモニカとチャンドラーはラスベガスから帰ってきて同棲することになります。今は向かいの部屋に住んでいましたが、2人が同棲するとなるとどっちに住むか?お互いの同居人にはなんて言おうかなと考えを巡らせます。そんなこんなで大枠はこの2つのエピソードを軸に進んでいきますが、もちろんその間に起こる日常生活を面白く描いています。

スポンサードリンク

フレンズ シーズン6 感想

フレンズはシーズン1から見ていくと5、6がおもしろい!という人が多いような気がします。わたしもその1人で、1から見ていくとわかると思いますが、前半のシーズンではそれぞれがいろんな人との恋愛をして(良く言えば潔くてどれもおもしろい、悪く言えば取っ替え引っ替えしまくっている)結局はうまくいかなかったと笑い話になるというオチが多く、それはそれでおもしろいのですが、このシーズン6ぐらいになっていくと、結婚に2度失敗したメンバーもいたりして、それぞれが恋愛に対して真剣になっていくんです。もちろんそうでないメンバーもいて、それがちょうどいいバランスになっているんですが笑 歳もみんな二十代後半になって、恋愛も仕事もそろそろと考え出してはいるけれどやっぱりうまくいかなかったり、そういう中でフレンズ、いわゆる登場人物6人がそれぞれのことを考えて優しい言葉をかけたり心配したりしているのを見るといいなぁーとなんだか暖かい言葉で観れます。でもやはりコメディーではあるので一つ一つの言葉の表現がとっても面白いです。一切難しい内容ではないので、雑誌をパラパラめくりながら気軽に見れるドラマなのでついつい連続で何話も観てしまってもうこんな時間か、となってしまいます。

スポンサーリンク

フレンズ シーズン6 みどころ

みどころはなんといってもそれぞれの個性が出ているジョークです。下に登場人物の紹介を書いていますがそれぞれいい味を出しているなぁと思います。シーズンごとに若干性格が変わったりしてるかな?と思ったりしますがベースは下に書いたとおりです。吹き替え、字幕どちらでみても面白いのですが、英語がある程度できる方はぜったい字幕をお勧めします。その言い回しが面白い!と英語の勉強になったりもしますし、声のトーンが実際演じながらしゃべっている分とってもしっくりきます。吹き替え版はまた別の楽しさがあるのでやっぱりどちらもオススメです。笑
みどころというか、おススメエピソードになりますが、このシーズンの真ん中あたりの「もしこうだったら今どうしてるだろう」というテーマのエピソードがとってもおもしろくて大好きです。もしこうだったらというものの結局は今の道を進んでいく、という結末になるのも、うまいなあと思いました。

スポンサーリンク

フレンズ シーズン6 登場人物 キャスト

レイチェル (ジェニファー・アニストン)

モニカと高校時代仲が良く、それがきっかけでもともと5人でつるんでいたグループに入った。お嬢様育ちでワガママ。モテる。最初はカフェでウェイトレスをしていたがファッション業界に興味を持ちバリバリのキャリアウーマンになっていく。

モニカ (コートニー・コックス)

レイチェルの高校時代の友達でロスの妹。几帳面でおかしいほどの綺麗好き。料理人。6人の中では一番まともだと思う。

フィービー (リサ・クドロー)

幼い頃に母親が自殺し、父親が蒸発、しばらくホームレスだったという凄い経歴の持ち主。少し変わったところがあるが芯がしっかりしていてよくみんなに相談される。マッサージ師。

ジョーイ (マット・ルブランク)

ザプレイボーイ。俳優ではあるが売れっ子というわけではなく、いつもいろんなオーディションに行っては落ちているというのを繰り返している。昼メロドラマの出演が決まったりちょくちょくテレビでジョーイが写るエピソードが見られる。

チャンドラー ( マシュー・ペリー)

ゲイによく間違えられるがストレート。サラリーマンでこの中で一番一般的な仕事をしている感じ。前半シーズンではおバカキャラだったが、後半になってくるとしっかりしてきてジョーイと立場が逆転したように思える。

ロス ( デヴィッド・シュワイマー)

モニカの兄。古生物学者で結婚に2度失敗している。そのため疑い深く捻くれてる感じがするが憎めない。子供が1人いて(シーズン6時点で)すごくかわいがっている。"

ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!

おすすめ記事

1

35歳と言うと、そろそろ「おじさん」と呼ばれる年齢層になってくる30代中盤ですね。 男性としての身だしなみやマナーをきちんとしているかどうかで、彼女が出来る・出来ないの差がついてきます。 今回は、実際 ...

-海外ドラマ

Copyright© 男気ロード , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.