恋愛で成功する情報や健康情報やお金の話、旅行、スポーツ、トレンドな話題など男性の気になる話題の情報を発信します

男気ロード

海外ドラマ

プリズンブレイク シーズン1 キャストとあらずじ!結末は衝撃!マジで面白かった!

投稿日:

プリズンブレイク シーズン1 あらずじ

現政権の副大統領の兄を殺害した容疑で逮捕され、裁判でも有罪死刑が確定した実の兄を救おうとする弟・マイケル・スコフィールド。死刑の回避が出来そうもないことから、自らも犯罪者となって同じ刑務所に潜入し、脱獄計画を始動させます。刑務所内には一癖も二癖もある凶悪犯罪者が跋扈する中、苦肉の脱獄計画の遂行のため、呉越同舟で実行に向けた準備が進められて行きます。マイケルは自信がその刑務所の設計に携わった経験から、自信の体に暗号にしたその刑務所の設計図を入墨にして彫り込み、周到な準備を進めていきますが、想定外のトラブルに幾度となく見舞われます。そうしたピンチも超絶のIQを誇る頭脳を駆使してなんとか切り抜けていくマイケル。しかし計画が進むにつれ、他の囚人達にもその内容が露見し、同じく脱獄を目指すメンバーはどんどんと増えていきます。最大の難関である医務室からの逃亡には、当初計画のために近づいた女医・サラを巻き込むことになり、実際にお互いに行為を抱く間柄となった二人の道ならぬ恋模様も描かれます。刑務所の所長すらも持ち前の頭脳で籠絡し、信頼を得たたマイケルは遂に仲間となった囚人達と引き返せない脱獄計画を敢行し・・・?

スポンサードリンク

プリズンブレイク シーズン1 感想

とにかくスリリングで、先の展開が気になってしようがないスピード感に溢れた物語です。刑務所内が舞台につき、マイケルらには武器などのツールも限られた者しか有りません。そこを天才的な頭脳でカバーし、多発する想定外の事項に対しても切り抜けてい様は、数ある海外ドラマの中でも珠玉の名脚本と呼んで良い出来映えだと感じます。当初はマイケルすら兄のリンカーンの無実を信じておらず、その無頼漢な生き様にこの兄なら犯罪を犯しかねないと考えていた点も笑えます。しかし次第に兄・リンカーンを陥れるため、強大な的の存在が明らかになって行く部分も引き込まれます。姿の見えない強大な的の組織が、何を目的にリンカーンを嵌めたのか、父親の台からの因縁も次第に明らかになっていき、物語は一筋縄では解決しない大きな問題へと発展していきます。この辺りの描写も、単純な脱獄物としてだけではなく、物語の内容に厚みを持たせる絶妙なスパイスとなっていると感じます。また同じく脱獄を目指すことになる囚人達も、それぞれが毛色の違うキャラクターで、各々の事情で脱獄を余儀なくされる部分も見ていて飽きの来ないヴァラエティの豊富さがあると思えます。ラストの脱獄シーンは手に汗握る名シーンだと感じます。

スポンサーリンク

プリズンブレイク シーズン1 見どころ

主人公・マイケル・スコフィールドの比類無き頭脳戦が最大の見所だと思います。脱獄のために必要な物品や人物を、張り巡らした緻密な計画で有無を言わさずに従えていく描写は何度みても見事の一言に尽きます。また手を組むには凶悪すぎる、マフィアのボス・アブルッチや、サディストにして冷酷無比なサイコパス・T-バッグなど、存在感抜群の囚人達との駆け引きも見所のひとつだと感じます。最大の目標である脱獄を成功させるため、これらの囚人達とすら手を組む振りをしつつ自分の目的を遂行していくマイケルの行動力に圧倒されます。脇役の悪徳な刑務官達の非道さも、見ていてどちらが本当の悪人かすらわからなくなる見事なキャラクター描写だと感じます。

スポンサーリンク

プリズンブレイク シーズン1 主なキャスト

マイケル・スコフィールド(ウェントワース・ミラー)

天才的な頭脳を持つ元設計技師で、今回の脱獄劇の発案者にして実行者。単純な腕力ではなく、化学薬品の調合による金属の腐食や、軽作業の時間を利用した脱獄用トンネルの工事など、細部にわたる計画をある物で実現させていく行動力が魅力の人物です。

リンカーン・バロウズ(ドミニク・パーセル)

弟・マイケルを大学まで生かせるため、母の残した遺産と見せかけてその資金を捻出していた非常に家族思いの男。息子のLJとは確執がありました、物語が進むにつれその誤解が薄れていき、美しい親子愛も見せてくれる人物となります。

サラ・タンクレディ(サラ・ウェイン・キャリーズ)

続いてが、刑務所の医者を務めるサラ・タンクレディ。州知事の父親を持ち、その反発心もありしがない刑務所の医者を進んで選択しています。当初は更に脱獄計画遂行のために接近を図ったマイケルでしたが、お互いに惹かれあい、マイケルのために脱獄の共犯となる行動を取ります。

フェルナンド・スクレ(アマウリー・ノラスコ)

マイケルと同房の囚人にして、彼女のために出来心で強盗を働いてしまった経歴を持つフェルナンド・スクレ。とにかく気のいい奴で、これといった特技はないもののマイケルに深い信頼を寄せて、その忠実なる相棒として脱獄計画に欠かせない人物です。"

セオドア・バッグウェル/ティーバッグ(ロバート・ネッパー)

レイプし殺害した罪でフォックスリバー刑務所へ、マイケルたちの脱獄計画を知って強引に参加する。極悪人。

ベンジャミン・マイルズ・フランクリン/シーノート(ロックモンド・ダンバー)

盗品所持の罪でフォックスリバー刑務所へ、刑務所では調達屋をしています。

ジョン・アブルッチ(ピーター・ストーメア)

フォックスリバーの囚人でマフィアの幹部。
刑務所を仕切っている。
マイケルの脱獄計画に参加する。

ブラッド・ベリック(ウェイド・ウィリアムズ)

フォックスリバー刑務所も看守。
マイケルに目をつけていて、気に入らない囚人は虐待する。

ベロニカ・ドノバン(ロビン・タニー)

マイケルの兄リンカーンの元彼女で弁護士。
リンカーンの実実を証明するために動いています。

ヘンリー・ポープ(ステイシー・キーチ)

フォックスリバー刑務所の所長。
マイケルがお気に入りで、建築士のマイケルに模型を作らせるために、自分の部屋へ出入りさせる

ポール・ケラーマン(ポール・アデルスタイン)

副大統領専属のシークレットサービス。
事件の真相を嗅ぎまわるベロニカたちを狙う。

「バイクブロス」バイク買取一括査定見積り

バイク買取一括見積り

ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!

おすすめ記事

1

35歳と言うと、そろそろ「おじさん」と呼ばれる年齢層になってくる30代中盤ですね。 男性としての身だしなみやマナーをきちんとしているかどうかで、彼女が出来る・出来ないの差がついてきます。 今回は、実際 ...

-海外ドラマ

Copyright© 男気ロード , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.