恋愛で成功する情報や健康情報やお金の話、旅行、スポーツ、トレンドな話題など男性の気になる話題の情報を発信します

男気ロード

海外ドラマ

ジェーン ザ・バージンが面白い!シーズン1あらすじ・感想・キャスト紹介!

投稿日:

ジェーン ザ・バージン シーズン1あらすじ

結婚するまで処女でいることを幼い時に祖母に誓ったジェーン。ロマンス小説作家になること夢見ながらも、普段は、ホテルのバーでアルバイトをしながら、教員になるために大学へ通っている。ジェーンの彼氏のマイケルは、2年交際したジェーンにプロポーズすることを決意。マイケルがプロポーズをしようとした日、ジェーンは定期検診のためにかかりつけの婦人科を訪れる。

ジェーンを担当している婦人科医ルイーザ(レズビアン)は、前夜に彼女の浮気現場に鉢合わせてしまったため、放心状態。そんな中、彼女はジェーンの待つ診察室へ向かう。別の診察室では、ジェーンの働くホテルのオーナー、ラファエルの妻のペトラが、人工授精を受けるために辛抱強く待っていた。

放心状態のルイーザは、ジェーンが定期検診に来ているのではなく、人工授精に来ていると勘違いして、誤ってラファエルの精子をジェーンに挿入してしまう。自分のミスに、ルイーザは、ペトラと面会して初めて気づくものの、ジェーンに電話をする勇気がなかった。

2週間後、何も知らないジェーンはある日いつも通りバスに乗って家路へ着いていた。急に気分が悪くなったジェーン、その場で気絶してしまい病院へ搬送される。
そこで尿検査を受け、看護師から想像もしてなかった言葉を耳にする。「あなた妊娠していますよ。」ジェーンはもちろん彼の言葉を信じることができない。「私はまだ処女だから、妊娠しているはずはない!!」

処女でありながら妊娠したジェーンは今まで計画していた人生と全く違う道を歩むことになる。

スポンサードリンク

ジェーン ザ・バージン シーズン1感想

登場人物の人間関係が複雑ながらもコミカルに描かれており、飽きることなく見ることができる。
始まりから、信じられないことばかりが続くが、なぜかそれがリアルに感じられて、視聴者の心をつかんで離さない。
日常生活に楽しみや面白さを見いだせない方、非日常を味わいたい方にピッタリのドラマです。家族のきずなを描いたものでもあり、三角関係を含む恋愛ものでもある。ドラマに求めるすべての要素が一つのドラマにギュッと凝縮された作品。

ジェーンやペトラ、ルイーザやほかの女性キャラクターの服装も、女性としては見ていてとても楽しい。アメリカらしいボディラインがはっきりわかるドレスや、ドラマの舞台となっているマイアミの景色に生える色味の強いコーディネートは、日本ではできないにしても、見ているものは心が明るくなる。

また、アメリカの作品でありながらも、ヒスパニックの家庭をフィーチャーしているため、ジェーンの祖母はほぼスペイン語しか話さない。そのようなバイリンガル要素も今のアメリカ社会や移民の家庭のリアルな生活を反映していて面白い。今後このような多様性を重視した作品がアメリカ社会ででてくるのか期待できる。

ジェーン ザ・バージンは現代になかなかないファンキーな要素満載のドラマ!

スポンサーリンク

ジェーン ザ・バージン シーズン1みどころ

ジェーン ザ・バージンのみどころは、処女で人工的に妊娠してしまったジェーンの心の動きが見所です。
最初は動揺のあまり、人工中絶をするしか選択肢はないと考えていたジェーン。ペトラとラファエルがその子を育てると申し入れたり、マイケルが自分の子として育てる自信がないと言ったりする中で、彼女の中で心の変化が次第に起こります。
おなかに宿った命とつながりを感じ、次第にこの子の母なのだと感じ始めるジェーンの心の動きは、視聴者としてジェーンの立場になっていろいろと考えるタイミングになると思います。ジェーンのような事態が自分に起こったら果たしてどうするのか、こういったことを考えさせられる彼女の心の変化は見所です。

スポンサーリンク

ジェーン ザ・バージン シーズン1キャスト・登場人物

ジェーン(ジーナ・ロドリゲス)
作家になることを夢に見ながら、大学へ通い教員を目指すジェーン。ホテルのバーでもアルバイトをしながら生計をたてる。結婚するまで処女でいることを祖母に誓う。

マイケル(ブレット・ディアー)

ジェーンの2年以上の彼氏。警察官でジェーンが21歳の誕生日を祝っているときに出会う。ジェーンについにプロポーズを決意するも、ジェーンが妊娠したという事実を聞き、動揺。プロポーズを考え直す。

シオマラ(アンドレア・ナベド)

ジェーンの母親。幼くしてジェーンを出産したため今でもバリバリ現役のダンサー、シンガー。シングルマザーとしてジェーンを育てた

アルバ(イボンヌ・コル)

ジェーンの祖母。ジェーンのことを一番大切に思う、キリスト教徒の祖母。ベネズエラから20代の時に夫とアメリカへ移住。不法移民。

ラファエル(ジャスティン・バルドーニ)

ジェーンの働くホテルのオーナー。がんを患ったため、放射線治療をする前に精子をすべて凍結し、病院で保管している。ペトラとの離婚を考えている

ペトラ(ヤエル・グロブラス)

ラファエルの妻。チェコからの移民。ラファエルが離婚を考えていることを知り、結婚生活を修繕するためにラファエルの最後の精子を使って人工授精を受けることを希望。

ルイーザ

ラファエルの姉であり産婦人科医。レズビアンで、自分の彼女の浮気現場に遭遇してしまい動揺してジェーンに誤って人工授精をしてしまう。"

ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!

おすすめ記事

1

35歳と言うと、そろそろ「おじさん」と呼ばれる年齢層になってくる30代中盤ですね。 男性としての身だしなみやマナーをきちんとしているかどうかで、彼女が出来る・出来ないの差がついてきます。 今回は、実際 ...

-海外ドラマ

Copyright© 男気ロード , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.