恋愛で成功する情報や健康情報やお金の話、旅行、スポーツ、トレンドな話題など男性の気になる話題の情報を発信します

男気ロード

女性心理

2回目のデートに応じた時の女性心理・本音を10人の女性に聞いてみた!

投稿日:

初デートで成功し、2回目のデートもOK!

このとき男性は脈ありかも!って思う人も多いかもしれません。

実際に女性はどんなことを考えて2回目のデートに応じてくれたのでしょうか?

今回は20代30代の女性10人に2回目のデートに応じた女性心理と女性の本音を聞いていみました!

スポンサードリンク

 

2回目のデートの女性心理 20代、30代 女性の本音

25歳サービス業

男性からの2回目のデートに応じた時の気持ちがどういうものだったかというと、まずまだ好きという気持ちはありませんでした。 1回目のデートで楽しくて居心地がよかったので、もう1度会ってもいいかなと思って応じました。 もし、彼氏候補になるのであればこれから見極めていかないとと誘われた時点で思いました。 2回目からは、少し親しい感じも出てくるのでどのようなプランを組むのかも気になりますし、1回目だけ頑張る男性ならば恋愛対象にはならないので手を抜かないかどうかを気にして見ようと決めて会いに行きます。 男性の方もありだと思って誘ってくれているので、楽しみにはしていますが、告白はまだしないで欲しいかなと思うのが本音です。 2回目のデートでは、好きという感情がほぼなくて異性と食事に行けて嬉しいくらいにしか感じていないのでもしも告白するつもりなら、断るしかないので困るなと思いながらデートにオッケーの返事をしています。

31歳 医療事務

2回目のデートに応じる時は、相手に対して好意があるからです。 1回目のデートで、合わないな、とマイナスな気持ちになった場合、2回目のデートに応じることはまずないです。 2回目のデートに応じてしまうと、相手に勘違いをさせてしまうと思うし、交際する意志がないのに会う回数を重ねてしまえば、比例して、断りにくくなってしまうと思います。 私は、1回目のデートで好意を抱かなかった場合は、早めに断って、お互いあまり深く関わる前にさよならします。 なので、私の場合、2回目のデートに応じる時は、=これからもおつきあいしたいです!という意思表示です。 相手のことをもっと色々知りたいとか、自分のことをもっと知ってほしいとか、もっとお互いわかり合いたいなという気持ちをもって、2回目のデートに応じます。 なので、2回目のデートに応じてくれた場合は、脈アリだと思って、自信をもってデートしてくれたら嬉しいなと思います。

27歳 事務員

2回目のデートに応じる時は「付き合うまではまだ分からないけれど、無くはないからもう少し様子をみよう」という二次試験のような心理です。さすがに1回のデートではその人がどんな人か分からないので、もし良い人だった場合にはもう少しどんな人か見るために2回目のデートをします。正直、1回目のデートってデート場所だったり服装だったり良いところを見せようと見栄を張るのが当たり前なので、その人の本来の姿って見えないと思います。大体の人はいろいろ考えて初回デートに臨みますからね。また、自分も同じく緊張しているので冷静な目できちんと見れていないと思います。 そのため、2回目のデートではデート先のお店の人への対応だったり、気遣いができるかだったり、価値観が似ているかだったりともっと細かい深いところまで相手のことを知れるように注意して見ると思います。 2回目のデートって決して必ずしも絶対に付き合うからしている訳ではないですね。

34歳、派遣社員

2回目のデートに応じた時の本音としてはいくつかあると思います。 まずは単純に1度目のデートで好意を持ったのでこのまま関係を進めていきたいと思ったとき、もしくは好意とまではいかなくても好印象を持ったのでもう一度会ってみて、自分の気持ちや相手のことを見極めようと思っているときが考えられます。 次に特に好印象を持ったわけでもないけど嫌でもなかったのでもう一回くらい会ってみてもいいか、それでもしかしたら相手のいいところが見つかるかもしれないし、見つからなかったらそれで最後にすればいいという気持ちのこともあると思います。 単純に美味しいものを奢ってもらえたし次も美味しいものをタダで食べられるなら暇だし行ってもいいかなという考えで応じることも少なくはないかもしれません。 必ずしもこの理由っていうのはないと思いますが、少なくとも1度目のデートでは相手に対して悪い印象を持たなかったということだと思います。少しでも嫌だと思ったら、相手が仕事関係でどうしても断れないとか余程の理由がない限りは2度目のデートに応じることはないのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

21歳 営業

同じ会社の先輩で二つ年上の方と入社後、意気投合し仲良くなりました。 始めはお昼休みのタイミングが合うことが多々あり一緒に食べる所から仕事の話を真摯に聞いてくれたりして、それから仕事終わり呑みに行くことが増え仕事が終わった後も終電まで一緒にいる事が多くありました。職場での評判も良く浮いた話も聞いた事が無い方でした。 女性社員と飲み行く事もあまりなかったようで珍しいと言われました。 そういった経緯があったので休みの日にデートに誘われた1度目の時には既に好感が持てました。 お付き合いをしているわけではありませんでしたが、行き先や、食事など全てを決めてくれた彼とのデートは優柔不断で迷ってしまう私にはとても楽でいいものでした。 その他にも2回目のデートに誘っていただい方もいましたがどの人も彼と比べると話の落ち度がなかったり仕事の大変さや自慢話などで非常につまらなくそういった方々とのデートは2回目以降もするとしても自分の中で何らかの見返りがないとデートをする気が起こらず、愚痴聞き料として食事やプレゼントをもらう事で相殺していました。 彼との2回目のデートをした時はとても嬉しかったです。 小動物みたいでかわいいよねと言われた時は猫被って話をしてきた自分に乾杯と言ったような感じでした。 実際入社してからいいなと思っていた方でしたので控え目なアピールをしていたのが功を称した形です。 スマートに全てを行える方とのデートはとても楽しいですが、自慢話や自分のことばかりの男性とはデートをする気になれません。 したとしてもそれは何らかの形で自分に見返りがある時のみです。

 

31歳 法律事務所

当時私は31歳、彼は25歳でした。私は法律事務所に勤めていて、彼は公務員をしていました。 彼とは婚活パーティーで知り合いました。あまり女性と接する機会が無いらしく、周りの男友達はみんな彼女がいるので、焦って婚活パーティーに参加してみたそうです。 彼は、外見は普通なのですが、すごく誠実そうなので、デートに誘われた時にOKしました。 初デートでは、一緒にパスタを食べに行きました。店員さんに対しても礼儀正しく、女性に慣れていない感じの彼でしたが、精いっぱい私に頑張ってくれている様子でした。 自分が今までやってしまった面白い失敗談、職場にいる面白い上司の話、学生時代にあった面白い話など、色んな話題を考えてきてくれたみたいで、すごく頑張って盛り上げようとしてくれました。 お会計の時も、私のために全額払ってくれようとしました。 不器用ながらも私のことをすごく大事にしてくれている気がして、また彼とデートしてみたいなぁと思いました。 彼とは結局1年付き合い、結婚しました。

 

 

22歳 大学生

私は関東の大学に通う大学4年生の22歳です。私が印象に残っている2回目のデートに応じた出来事は2年前の大学2年生の時です。その男性は同じ大学の違う学部の同級生でした。友達の紹介でTwitterをフォローしましたが、Twitterのダイレクトメールで何度もデートのお誘いを受けました。最初は会うつもりはなかったので、課題や試験を理由に断り続けていましたが、1度くらい会ってもいいかなと心変わりして会うことになりました。最初のデートで私は普通の優しい方だなと思っていましたが、相手は好意を持ったみたいで、すごくアタックされ、2回目のデートをその時に誘われました。私は「あー・・・次のそのデートで告白されるんだろうなあ・・・」と思いながら2回目のデートをするか迷いましたが、誘われた場所は前から行きたいと思っていた所だったので、本音を言うとその方とのデートはオマケで楽しむことにしてデートに応じました。その日はとても楽しくて告白はお断りしました。

 

23歳 事務

私の場合はその時の状況にもよりますが、その男性とお付き合いしてもまあいいかなぁっと思っていれば応じると思います。女性側としては2回目のデートで男性側にはそれなりに女性への気持ちを伝えて欲しいです。友達として誘っているのか少しでもその気があるのかを伝えて貰えると嬉しいです。二回目では本当に相手を好きになれるのかは正直分からないところもありますが、正直に今思っている気持ちを伝えて貰えると誠実な男性という印象を持てます。私の旦那の場合もやはり私への気持ちがあまり良く分かっていなかったようですが「とりあえず付き合ってみよう」と言ってくれて、その後手を繋いで帰り交際がスタートしました。また彼氏と上手くいっていなくて今の状況に不満がある女性も二回目のデートには応じると思います。この場合はその男性にそんなに興味が無くてもまあご飯デートぐらいなら良いかなと思っていますので、応じたからと言ってオッケーという訳ではありません。

 

29歳の会社員

1回目の男性とのデートではその人の考え方や行動(食べ方、話の聞き方、普段の生活ぶり、癖など)を見て、嫌なところがなく誠実さを感じられ、一緒にいて楽しいと思えば2回目のデートに応じます。1回目のデートで彼氏候補にならなかった人とでも、楽しければ2回目のデートをすることはあります。ただその際は、勘違いされないようにその気がないということがわかるよう、2回目のデートの時に行動や態度で示します。彼氏候補の人の場合は積極性を見ます。優柔不断だったりあまりにも奥手の人は、私に興味があるのかないのか判断しにくいので苦手です。できれば2回目で、手を繋ぐ、キスをするなどのアクションを起こしてほしいし、それを期待しています。次回のデートの約束をするだけでも良いです。先が見えないとじれったく不安になってしまうので、明快で多少強引な方が嬉しいです。年齢的にもそうですが、社会人で時間が限られているので、無駄のないデートだと好印象です。

26歳 フリーター

2回目のデートに応じる時は私の場合2パターンの本音があります。ひとつ目は、相手と付き合う可能性があるとき。少しでも気になっていたり、可能性があるなと思えば二回目も応じます。もう1つは少し性格が悪いかもしれませんが、「使えるな」と思ったとき。デート先のチョイスももちろんのこと、例えば全部奢ってくれたり、または車を出して普段行けない場所に連れて行ってくれたり。他のパターンで言えば、付き合う可能性は全くなくてもその相手の性格がまあよかったり、面白かったりして暇な時の暇つぶしになるなら二回目も応じますね。ただ後者の場合は無理に予定を調整したり、長時間を使うようなプランは無しです。たまたまその日が空いていて暇だったりすればオッケーしますね。反対に、付き合う可能性のある2回目のデートであれば、その日が何か予定があっても調整はなるべくしますしなんとか行こうとして努力すると思います。

2回目のデート 女性心理 まとめ

女性によって2回目のデートはいろんな意味があるようですね!

ただ2回目のデートは会社の面接でいえば1次面接に通っただけでまだ油断できない状況であることは間違いないですね!

2回目のデートでミスしないように成功して3回目のデートへつなげましょう!

ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!

おすすめ記事

1

35歳と言うと、そろそろ「おじさん」と呼ばれる年齢層になってくる30代中盤ですね。 男性としての身だしなみやマナーをきちんとしているかどうかで、彼女が出来る・出来ないの差がついてきます。 今回は、実際 ...

-女性心理

Copyright© 男気ロード , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.