恋愛で成功する情報や健康情報やお金の話、旅行、スポーツ、トレンドな話題など男性の気になる話題の情報を発信します

男気ロード

車の整備

タイミングベルトとウォーターポンプ交換費用は?同時交換しないと損!

投稿日:

新車または中古車で購入した念願の自家用車。
故障することなく、ドライブなどで走行距離が10万㎞に近づいたとき、交換を要する部品があります。

それがタイミングベルトとウォーターポンプです。

これらの部品について

・タイミングベルト交換費用が高額になる理由

・ウォーターポンプの交換もタイミングベルトと同時交換が必要

・タイミングベルトとウォーターポンプを交換しないと起こる結果

・修理や交換に要する費用の負担が大きくなる前に思い切って車買換えを

以上の4点に絞ってまとめてみましたので参考にぜひご覧ください。

スポンサードリンク

タイミングベルト交換費用は高額です

タイミングベルトの交換の目安としては走行距離が10万㎞に達したときまたはその前後に近づいたときになります。

なぜかこのタイミングベルトの交換費用は高額になるというイメージが浸透しているためか、交換することをためらってしまう方もおられるでしょう。

タイミングベルトはなぜ交換が必要なのでしょうか?

タイミングベルトは、キーを差し込んでエンジンを始動するとピストンが上下運動を始めるのですが、タイミングベルトがなければ、ピストンだけ動いても車は動きません。

ピストンの動きに合わせてバルブと呼ばれるものが、開いてオイルや燃料を送り込んでピストンの動作があって初めてエンジンが始動する仕組みになっています。

そのピストンとバルブを動かすためにはシャフトと呼ばれる棒状のものとシャフトについている歯車を回転させる必要がありますのでその動作をおこなうために必要になるのがタイミングベルトです。

タイミングベルトは、強化ゴム(普通のゴムよりも太くて丈夫なタイプ)を使用していますので、長期間にわたって使用することができるようになっています。

しかし、タイミングベルトが強化ゴムでできているからといっても、永久的に好感しなくともよいというのではありませんので、車の製造メーカーではタイミングベルトの交換目安として走行距離が10万㎞と設定しています。

日頃から手入れをしていると、10万㎞を超えても交換することなく、11万㎞ぐらいで交換している方も実際にいます。

安全面を考えると、早めに交換するのがよいでしょう。

ではなぜ、タイミングベルトの交換費用が高いといわれているのでしょうか。

タイミングベルト交換費用は?

タイミングベルトの部品代はわずか3,000円程度ですが、交換するための技術料が加算されますので高額になります。

タイミングベルトは、エンジンを覆っているカバーなどを外して交換するだけではなく、取り付けるためには相当の技術力が必要になるからです。

タイミングベルトは緩くてもきつくてもよくなく、ちょうどよい締め方で取り付ける必要があります。

タイミングベルトが緩ければ、空回りしますし、きついと回転を抑えられてしまいますのでエンジンがかかりません。

もちろん専用工具がありますのでそれらを使って取り付けることになりますが、相当な経験と技術力必要であることは間違いありません。

ウォーターポンプの交換も同時交換をすすめられる

ウォーターポンプとはいったいどのような働きをしているのでしょうか。

エンジンが始動すると、エンジンは高温になります。

高温のまま、車を走らせたらどうなるでしょうか。

オーバーヒートといって、必要以上に高温になるため、エンジン内部が焼けこげてしまい、白煙とともに部品が焼けたにおいが充満します。

ということは、エンジンに支障が出ることで、他の部位も同時に故障する可能性が十分にあるということです。

オーバーヒートにならないようにするには、エンジン熱を一定に保つ必要がありますのでエンジンの側辺にウォーターポンプを取り付けてパイプを通じて冷却水を流してエンジンが発する熱を一定に保つわけです。

ウォーターポンプにもタイミングベルトと同じように交換時期があります。

そのタイミングというのが、走行距離10万㎞なのです。

なので、タイミングベルトを交換するときは、同時にウォーターポンプも交換するというわけですね。

なのでタイミングベルトとにウォーターポンプを別々に違う日に交換すると工賃が両方かかってしまうのでタイミングベルトにウォーターポンプは同時交換しないと損します。

車種にもよりますがタイミングベルト交換、ウォーターポンプも交換もするので合計で5万~8万円くらいは費用がかかってしまうのです。

タイミングベルトとウォーターポンプを交換しないとどうなるか

タイミングベルトとウォーターポンプを交換しないとどうなるのでしょうか。

結論は、

・エンジンが壊れます

・ウォーターポンプを分解するとパッキンと呼ばれる部品がついていますので、そのパッキンが割れて使い物にならなくなります

・エンジンが高温の状態のため、場合によっては火災が発生します

・エンジン音に異音が発生し、異臭も発生します

ほかにもおこりうる事象はあります。

もちろん、異常があれば、メーターパネルに警告ランプが点灯しますので、早めに点検修理することが必要です。

警告ランプが点灯しているうちは、応急処置でも対応できますが、点灯から点滅に変わると、修理不能となることもありますので要注意ですね。

思い切って車買換えも検討してみよう!

タイミングベルトとウォーターポンプの交換することで、さらに10万㎞走行できると考えれば、お得感もあるかもしれませんね。

車を所有していると必ずやらなければならないことは、車検整備ですよね。

車検整備は新車であれば、取得から3年後、中古車であれば2年後に受検しなければなりません。

車検期限までの間に部品交換などで多額の費用を負担した後に、数か月後には車検期限が到来し、車検整備費用を負担することになります。

車検を受けるために、整備工場では異常個所を確認して必要であれば部品の交換などが行われ、すべてが終了した後の請求額が想定以上にかかってしまうことさえあります。

それでも、愛着を感じている車であれば、手放すことなく乗り続ける方もいますが、同じぐらいの費用で、買い替えを検討することも一つの方法です。

その際には新車購入か中古車を購入して繰り返し乗り換えるかは考え方次第となります。

新車購入を検討される場合は、月々の支払額を抑えたカーリース契約という方法もありますし、中古車であってもカーリース契約を取り扱っている業者もいます。

リース契約の場合はいろいろな制約がありますので、思い切って購入するのがよいのかもしれません。

部品を交換した車両を乗り続けてその後も10万キロオーバーしてくると他の部品も消耗してお金がかかる車になってきます。

でしたら車検整備期日が到来する前に買換えしたほうが損しないと言えます。

実は10万キロオーバーで10年以上乗っている車でも査定してみると意外金額で売れることがあります。

さらに古くなると値段が安くなってしまう可能性が高いので今このタイミングで試しに査定してみるのも良いと思いますよ!

査定するなら先ずはこちらがオススメです!

かんたん車査定ガイド

単な車情報の入力だけで、最大10社に一括で見積もり!!
ボタン一つで中古車の最高額が分かります!
大まかな買取価格なら入力するとスグ表示されますよ!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

タイミングベルトとウォーターポンプは、車にとっては重要な役割を持っていることがおわかりいただけましたでしょうか。

この2つの部品が壊れてしまうと車は動きません。

動いたとしても早々にエンジン停止になり、場合によっては火災が発生することさえあります。

車を所有していると維持費というのがかかりますので、部品の交換で費用を負担する機会が多くなると、買い替えたほうがよいこともあります。

また車の性能がよくなっていますので、タイミングベルトではなく交換する必要のないタイミングチェーンを取り付けている車もあります。

こちらは走行キロ数などの制限は設けられていないようですが、定期的にオイル交換をしなければ、チェーン自体が劣化しますので日頃の手入れが重要になります。

ただし、ウーターポンプはついていますので、10万㎞に達する前にどこかのタイミングで点検することをおすすめします。

ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!

おすすめ記事

1

35歳と言うと、そろそろ「おじさん」と呼ばれる年齢層になってくる30代中盤ですね。 男性としての身だしなみやマナーをきちんとしているかどうかで、彼女が出来る・出来ないの差がついてきます。 今回は、実際 ...

-車の整備

Copyright© 男気ロード , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.