恋愛で成功する情報や健康情報やお金の話、旅行、スポーツ、トレンドな話題など男性の気になる話題の情報を発信します

男気ロード

東京

デンメア ティーハウス 相棒で右京さん通う六本木の紅茶屋!おすすめは?通販もあるよ!

投稿日:

地下鉄の乃木坂駅からほど近い場所、六本木の国立新美術館の目の前に、その小さくて可愛らしいお店はあります。

デンメア ティーハウス(DEMMERS TEEHAUS)というその場所は、こじんまりとした、赤い色調が特徴的なお店です。

棚には可愛らしい缶に入った紅茶や茶器が並び、ふんわりと甘い香りが漂っています。
実際に行ってみると、テレビで見た印象よりも狭くて小さいなという感じですが、窓際の席でお茶を頂いていると、ちょうどいいサイズ感なんだなと思いました。

スポンサードリンク

 

紅茶というとイギリスというイメージが強いのですが、こちらはオーストリア・ウィーンのお茶ということで、カフェで頂けるケーキもオーストリア風のものばかり。

本場のザッハトルテやクグロフ、ウィーン風のアップルパイなど、他では食べられない逸品ぞろいです。

ケーキに添えられたたっぷりの生クリームも重すぎず軽すぎず、程よい甘味で、たとえばザッハトルテなどのどっしりとした風味にもぴったり。

それに合わせてお勧めの紅茶を頂くと、それはもう至福のティータイムです。

右京さんでなくても通ってしまうかも、と思わずにはいられません。

店内の調度もマットなどのファブリックも赤が基調になっており、そこに白い茶器が良く映えます。

また、紅茶はポットでサーブされるので、たっぷりと味わえますよ。

皆さんゆったりと紅茶を楽しみ、そしてお店の雰囲気と、そこから見える六本木の風景を堪能しているように思います。

 

『相棒』がお好きな方にはよく右京さんがお座りになっている窓際の席をお勧めしたいですね。

この椅子に彼が座っていたか、そしてそこから何が見えるのか、と妄想も一緒に楽しめることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

さて、このお店のもう一つの特徴は紅茶の種類です。

お店で飲めるものだけではありません。

販売されている茶葉の種類が素晴らしく多彩なことと、季節によってその器が変わり、いつ行っても、選ぶのがとても楽しいのです。

ことに、プレゼントにとても喜ばれるのが、小さな缶入りの物です。

デンメア ティーハウスの紅茶は通販でも買えます

ウィーンの紅茶商DEMMERS TEEHAUS

スタンダードなスタイルもデザインが秀逸ですが、たとえばクリスマスなどの季節ごとの色や模様、そして形がとても凝っているのです。

ウィーンの街角に建っている古い家屋を模したものは、手のひらに載るサイズで、飾っておきたくなる可愛らしさ。

また、ウィーンならではということでは、ハプスブルク家のエリザベート皇后の有名な白いドレスの肖像画がプリントされた缶などもあります。

中身の茶葉のしゅるいだけでなく、こうした器で選ぶのも楽しいので、ついつい自分の分も買ってしまいます。

実際にお店で選んで美味しかった紅茶の茶葉を購入して、自宅でも楽しめるのが、紅茶好きとしては嬉しいですね。

また、近年では折々に『相棒』とコラボした茶葉を作って販売してくれています。

缶には『相棒』のお二人のシルエットがプリントされていて、わかる方にはすぐにわかる、嬉しい仕様となっていますよ。

こちらは、地下鉄の六本木駅と乃木坂駅からそれぞれ徒歩5分程度という場所です。

お店も道路沿いの路面店なのと、残念ながらすぐそばには駐車場がありません。

もっとも大きい駐車場は、ミッドタウン辺りなのではないかと思われますが、ゆっくり過ごされるのであれば公共交通機関をご利用になるのがお勧めですね。

また、目の前には国立新美術館がありますので、そちらで絵画等の美術展を楽しまれてから、ここで少しゆったりとお休みになるのがちょうどよろしいかと思います。

夏でも、プロのいれてくれた熱い紅茶はとても美味しいと感じますよ。

右京さんになったつもりで、カップを手に背筋を伸ばして、ちょっと気取って紅茶をお楽しみくださいね。

ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!

おすすめ記事

1

35歳と言うと、そろそろ「おじさん」と呼ばれる年齢層になってくる30代中盤ですね。 男性としての身だしなみやマナーをきちんとしているかどうかで、彼女が出来る・出来ないの差がついてきます。 今回は、実際 ...

-東京

Copyright© 男気ロード , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.