恋愛で成功する情報や健康情報やお金の話、旅行、スポーツ、トレンドな話題など男性の気になる話題の情報を発信します

男気ロード

子育て 未分類

病児保育施設が足りない!インフルエンザ東京で大流行! すぐ対応サービス!

投稿日:

子供が突然インフルエンザなど突然の病気の時に便利な施設があります。
それが病児保育サービスです。

東京都ではインフルエンザが猛威をふるっています。
そんな中インフルエンザなど病気の子供を預かる病児保育施設がものすごくいっぱいになっていてキャンセル待ちになっている状態なのです。

そのような時、ベビーシッターが来てくれて見てもらえると助かります。
今回は当日予約可能な東京で予約できる病児保育対応のベビーシッターが来てくれるサービスを紹介します。

訪問型の病児保育サービスは子供も安心!

保育園などに子供を預けている場合インフルエンザなど病気の子供は預かってくれない場合があります。
そのような子供たちを預かってくれる専用の施設が病児保育施設です。
しかし、インフルエンザの大流行で東京では病児保育施設が足りていません。

そこで自宅にベビーシッターが来てくれる自宅型の病児保育があります。

病児保育施設は補助金などで金銭面などメリットもありますが、数が足りないなどでメリットもあります。

お子さんんをなれない環境へ預ける不安もあります。

そこで訪問型ならです。メリットもたくさんあるので紹介していきます。

自宅型の病児保育サービスのメリットを紹介します。

自宅型の病児保育サービスのメリット

キャンセル待ちがない

もっともメリットと言えるのがインフルエンザの流行る季節での子供を預けられないと言う心配がないことです。

ニュースにもなっていましたが、病児保育施設は東京都では連日定員オーバーが続いているそうです。
子供の環境の変化がないので安心

子供はいつもと違う環境の中では少なからずストレスを感じるものです。
病気の時ストレスを感じると治りにくかったりするのでいつもと同じ環境でいられるのは安心です。

他の子供から病気をうつされる心配がない

施設型の場合は他の子供も預かっているので他の病気がうつらないか心配ですよね。
もちろん施設側もそのへんがケアしていると思いますが、どうしても心配です。
訪問型なら他の病気がうつる心配が軽減できます。

施設までの移動がない

施設型だと施設まで迎えにいったりする手間があります、子供も体調が悪い時には移動は少ないほうが良いです。
親も移動時間などかかるので自宅まで来てくれるのは嬉しいです。

自宅型の病児保育サービスのデメリット

料金が高い

自宅型の病児保育サービスのデメリットとしては施設型よりも料金が高いということになります。
入会金などがかかってしまい高いですが、いざという時にメリットを考えると安いといえるかもしれません。

東京でおすすめの訪問型の病児保育サービス

復職などが近づくお母さん、お子さんがインフルエンザなどの病気になった場合に備えて早めに良い病児保育サービスを今から見つけておくことが重要です。

事前登録が必要なので訪問型の病児保育サービスも検討してみてはどうでしょうか?

訪問型の病児保育サービスの流れは簡単に言うとこんな感じです。
①事前に会員登録
②お子様の病気の時に予約
③スタッフが自宅へ訪問
④必要とあれば病院への受信を代行
⑤自宅で看病など
⑥帰宅後に親御様へ詳細を報告

ル・アンジェ

突然の発熱で保育園からお迎えの連絡があったときなど100パーセント対応できる!
インフルエンザやノロウイルスなどの感染症でも対応できます。
ベビーシッターは厳正な採用基準を突破した有能な人材ばかりで質の高いサービスを提供できます。

料金

入会金 50,000円/ご家庭
年間費用10,000円/子供1人に対して
病児保育月額8,000円/2か月分
基本料金2,500円/時間(9:00~21:00) 3,000円/時間(21:00~9:00)

対応可能な病気

アデノウイルス
RSウイルス感染症
咽頭炎
喉頭炎
肺炎
おたふくかぜ
外耳炎
結膜炎
上気道炎
中耳炎
手足口病
突発性発疹
とびひ
風疹
喘息
ヘルパンギーナ
扁頭炎
りんご病
水イボ
溶連菌感染症
マイコプラズマ肺炎
咽頭結膜熱(プール熱)
水疱瘡
インフルエンザA及びB
かぜ(喘息性気管支炎を含む)
感染症胃腸炎(ノロ、ロタ、嘔吐下痢症を含む)

詳細はホームページのお問い合わせホームから問い合わせしてください

⇒ル・アンジェお問い合わせホーム

働いているお母さんへ便利な夕食食材宅配サービス



仕事から帰ってきてから買物をして料理をしてなど大変ですよね!
仕事で忙しいお母さんへ買物や調理に時間を取るのが難しい方に栄養士が考えたバランスのとれた食事をお届け!

>⇒詳細はこちら

ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!

おすすめ記事

1

35歳と言うと、そろそろ「おじさん」と呼ばれる年齢層になってくる30代中盤ですね。 男性としての身だしなみやマナーをきちんとしているかどうかで、彼女が出来る・出来ないの差がついてきます。 今回は、実際 ...

-子育て, 未分類

Copyright© 男気ロード , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.